豪華客船でノロウイルス感染か、650人近くに症状

豪華客船で下痢や嘔吐相次ぐ

(CNN) カリブ海を周航中に乗客と乗務員が下痢や嘔吐(おうと)などの症状を訴えた豪華客船「エクスプローラー・オブ・ザ・シーズ」は、予定を2日繰り上げて29日に帰港する。患者の数は27日までに600人を超えた。

米疾病対策センター(CDC)によると、患者は乗客3050人のうち595人、乗務員1165人のうち50人に上った。運航会社のロイヤル・カリビアン・インターナショナルは、ノロウイルスによる症状に似ているとの見方を示した。

客船は21日にニュージャージー州ケープリバティーの港を出発し、10日間の予定でカリブ海の島を巡っていた。同社によると、新たに症状を訴える人の数は急減し、多くの乗客はすでに回復しているが、再び流行の山が来る可能性もあるため、CDCや医療チームと相談して帰港を早めた。

乗客全員に料金の50%を返金し、次回の利用にも50%の割引を適用するという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]