1泊580万円でカリブ海の島を独り占め、英富豪の貸し別荘

ブランソン氏が英領ヴァージン諸島に所有するネッケル島=Virgin Limited Edition提供

ブランソン氏が英領ヴァージン諸島に所有するネッケル島=Virgin Limited Edition提供

(CNN) カリブ海の島を借り切って、家族や友人と優雅な休日を――。英資産家リチャード・ブランソン氏が英領ヴァージン諸島に個人所有するネッケル島に、2年前の火災で焼失した邸宅が再建され、貸し別荘としての利用が再開された。

島全体を借り切る料金は、大人30人、子ども6人までで一泊6万ドル(約580万円)。食事とアルコールを含む飲み物代が含まれている。

ブランソン氏の邸宅は2011年、落雷による火災で焼失した。当時滞在中だった英女優ケイト・ウィンスレットさんがブランソン氏の母を救助して話題になった。同島はその後も滞在客を受け入れていたが、収容人数は限られていた。

2階建ての建物は焼失前と同じ設計で、食事や社交のスペース、主寝室のスイートのほか、寝室8室、子どもが6人まで泊まれる2段ベッドの部屋がある。島内にはさらに、6棟のコテージが点在している。

ブランソン氏は「ネッカー島は私にとって世界で一番美しい場所だ」「新しくなった家はその中心。仕上がりに満足している」と話した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]