女児虐待の映像がネットに、菓子の袋で現場は米国内と特定

2013.05.15 Wed posted at 16:43 JST

[PR]

ワシントン(CNN) 正体不明の男が女児に性的虐待を加える場面を撮影した複数の映像が、インターネット上に掲載された。画面に映ったプレッツェルの袋から現場は米国内と断定され、米捜査当局が犯人の割り出しを急いでいる。

問題のビデオは4編あり、いずれも同じ男が7~9歳前後とみられる1人の女児を虐待している。このうち3編に4月14日、残る1編に同27日の日付が入っているが、ネットにはすべて今月2日に公開されたとみられる。

掲載直後にデンマーク警察が発見し、3日に米当局に連絡した。背景や男の外観から、米国で撮影された可能性が高いと判断したという。

米捜査当局が調べたところ、映像の中に登場する米フリトレー社のプレッツェル「ロールドゴールド」の袋は、米国内だけで使われていることが判明。米国での犯行と断定したが、捜査はそこで行き詰まった。

そこで当局は14日、映像から切り取った男の写真5枚を公開し、広く情報提供を呼び掛けた。捜査官は「映像がごく最近撮影されていることから、女児はたった今も危険にさらされている可能性が高い。犯人の居場所を突き止め、虐待をただちにやめさせなければならない」として、市民に協力を求めている。

当局は10日、児童ポルノ所持、提供の容疑で犯人不詳のままワシントン連邦地裁に起訴している。

メールマガジン

[PR]