ボストン爆弾テロ事件、容疑者の身元判明

ボストン爆弾テロ事件の容疑者1人死亡、1人逃走中

(CNN) 米マサチューセッツ州のボストン・マラソンを狙った爆弾テロ事件の容疑者2人の身元が判明した。

複数の情報源によると、2人は兄弟とみられ、26歳のタメルラン・ツァルナエフ容疑者が死亡し、19歳のジョハル・ツァルナエフ容疑者が逃走中だという。

ボストンでは19日、地下鉄やバスをはじめすべての交通機関が封鎖され、警察らが逃亡中のジョハル・ツァルナエフ容疑者を追っている。

学校や店などもすべて閉鎖され、住民は外出を禁じられ、警察が住宅を一軒一軒回っている。

捜査の情報を得た関係筋がCNNに述べたところによると、2人はロシアのコーカサス地方出身で、カザフスタンに移った後、数年前に米国に渡ったとされる。

警察は19日、同日未明にウオータータウンで起きた事件の容疑者2人は、ボストン・マラソンを狙った爆弾テロ事件の容疑者と一致すると発表していた。1人はウオータータウンでの警察との銃撃戦のあと、病院に搬送されて死亡。もう1人は逃走中だと発表していた。

15日に起きたボストン・マラソンを狙った爆弾テロ事件では、3人が死亡、約180人が負傷した。18日遅くには同州ケンブリッジのマサチューセッツ工科大学(MIT)で発砲事件があり、大学警察1人が死亡している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]