北朝鮮は「時代に逆行するな」 ケリー米国務長官

錦繍山太陽宮殿を訪れた金正恩第1書記(中央)=15日、平壌、労働新聞から

錦繍山太陽宮殿を訪れた金正恩第1書記(中央)=15日、平壌、労働新聞から

世界経済についても、「この問題が地域を分断するのを許容できるほど世界経済は強くない」と語り、各国が協力して取り組む重要性を強調した。

北朝鮮との直接対話を巡っては、米国務省当局者が15日、北朝鮮側が対話に向けた姿勢を示さないため現時点では何も計画されていないと明らかにした。

北朝鮮はケリー長官の言葉に神経をとがらせている。北朝鮮の国営朝鮮中央通信は、ケリー長官の対話に応じる用意があるとの発言を受けて、「狡猾(こうかつ)なわな」「中身のない空虚な言葉」と批判したものの、米国側の発言に注意している姿勢を示した。

北朝鮮では15日、故金日成(キムイルソン)主席の生誕101年を迎え、金正恩(キムジョンウン)第1書記が金日成主席と金正日(キムジョンイル)総書記の遺体を安置する錦繍山(クムスサン)太陽宮殿を訪問。2週間ぶりに公の場に姿を現した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]