オバマ大統領、一般教書演説で超党派の協力呼び掛け

オバマ大統領、一般教書演説(1)

(CNN) オバマ米大統領は米東部時間12日夜(日本時間13日午前)、上下両院合同本会議で一般教書演説を行った。2期目の政権始動にあたり、経済・雇用問題や外交問題で具体的な施政方針を示した。

オバマ大統領はまず、アフガニスタンからの米軍撤退計画と米経済の回復状況を挙げてこれまでの業績を強調し、「中間層の繁栄」のため、努力と勤勉が平等に報われる社会の実現のために、残る課題に取り組むべき時が来たと述べた。

「党利の前に国益を」と呼び掛け、財政均衡へ向けた医療保険制度改革、税制改革で超党派の協力を訴えた。財政赤字削減と経済成長の両立を図る姿勢を示し、「私の案は赤字を1セントも増大させない」「より大きな政府ではなく、より賢明な政府を目指す」と述べるなど、政府支出の増大を警戒する野党共和党の理解を求めた。

そのうえで、技術革新の拠点づくりやエネルギー開発、インフラ整備など、国内の雇用創出につながる具体的なプロジェクトを提案。さらに就学前教育の普及や、高校での職業教育強化にも言及した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]