ハンタウイルスの感染拡大で宿泊者へ注意呼びかけ 米ヨセミテ国立公園

ヨセミテ国立公園のキャンプ場

ヨセミテ国立公園のキャンプ場

(CNN) 米カリフォルニア州ヨセミテ国立公園を訪れた観光客が重篤な肺の疾患などを引き起こす「ハンタウイルス」に感染し、死亡者も出ていた問題で、米疾病対策センター(CDC)は5日、この夏に同国立公園内の宿泊施設を利用した39カ国の旅行者に注意を呼びかける書面を電子メールもしくは郵便で送ったと発表した。

CDCによれば、対象となったのは今年7月10日から8月24日にかけてヨセミテ国立公園内のカレービレッジにある「シグネチャー・テント・キャビン」に宿泊予約をした約2900人。自分や同行者にハンタウイルス肺症候群(HPS)の症状が見られた場合はすぐに医師の診察を受けるよう求める内容で、感染の恐れがあるのは同行者も含め推計1万人に上るという。

カリフォルニア州保健当局は先月30日、ヨセミテ国立公園でこれまでに6件のハンタウイルス感染例が報告されたと発表。うち2人は死亡した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]