世界最強のパスポート、日本とシンガポールが引き続き首位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ランキングは英コンサルティング会社、ヘンリー・アンド・パートナーズが、業界団体の国際航空運送協会(IATA)からのデータに基づき、随時更新している/Justin Sullivan/Getty Images North America/Getty Images
写真特集:「世界最強のパスポート」、22年版の第1弾発表

ランキングは英コンサルティング会社、ヘンリー・アンド・パートナーズが、業界団体の国際航空運送協会(IATA)からのデータに基づき、随時更新している/Justin Sullivan/Getty Images North America/Getty Images

(CNN) ビザ(査証)なしで入国できる国・地域の数に基づき、世界各国のパスポート(旅券)を比較したランキングの最新版では、日本とシンガポールが依然トップに立っている。

ランキングは英コンサルティング会社、ヘンリー・アンド・パートナーズが2006年以降、業界団体の国際航空運送協会(IATA)からのデータに基づき、随時更新してきた。

世界199カ国のパスポートについて、ビザなし、または到着ビザ制度で入れる渡航先を調べ、その数を各国のスコアとする。

新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)が始まってから、海外渡航の自由度をめぐる南北間格差が広がり、ランキングが始まってからの16年で最大に達しているという。

一時的な渡航制限を考慮しないスコアでは、日本とシンガポールが192で依然トップ。最下位はアフガニスタンで、事前のビザ申請なしで入れるのが26カ国にとどまっている。

2位は韓国とドイツでスコアが190、3位はフィンランド、イタリア、ルクセンブルク、スペインでスコア189。

上位にはこれまで通り、欧州連合(EU)諸国が並んだ。フランス、オランダ、スウェーデンとオーストリア、デンマークが188で4位、アイルランドとポルトガルが187で5位に入っている。

14年にそろって首位だった米国と英国は今回6位で、前回の7位からは1ランク上がった。6位にはスイス、ノルウェー、ベルギー、ニュージーランドも並ぶ。

7位はオーストラリアとカナダ、チェコ、ギリシャ、マルタ。8位はハンガリーとポーランド、9位はリトアニアとスロバキア、10位はエストニア、ラトビア、スロベニアとなった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]