在日米軍、基地外のマスク義務化など新たな対策発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記者会見する玉城デニー沖縄県知事/Kyodo News/Getty Images

記者会見する玉城デニー沖縄県知事/Kyodo News/Getty Images

(CNN) 在日米軍司令部は8日までに、日本の基地で新型コロナウイルスの新規感染が増大している事態を踏まえ、基地外でのマスク着用の義務化などを含む新たな予防策を導入すると発表した。

米軍基地を抱える沖縄県などの地方自治体が米軍人らの防疫対策のあり方を厳しく批判していることを踏まえた措置。基地が集中する沖縄県の玉城デニー知事は記者会見で、米軍はオミクロン変異株の拡散の封じ込みに失敗していると怒りをこめて非難してもいた。

在日米軍司令部の報道発表文によると、基地外のマスク使用の義務づけはワクチン接種の履歴に関係なく実施。また、検査については来日以前、来日時や滞在中にも命じるとした。

在日米軍全体に導入されるこれらの新たな防疫策は、米軍の即応態勢を守り、家族の福利や日本国民の健康を維持するためと主張。「我々全員は地域社会の安全を保つための役目を担っている」ともした。

日本、特に沖縄県では新型コロナの新規感染事例が増えている。沖縄では5日に623例が新たに判明し、前日の225例からは急増した。共同通信によると、沖縄県では昨年、キャンプ・ハンセンを含む米海兵隊の2基地が感染拡大を受け封鎖措置に追い込まれた。この後、他の基地でも行動制限などが講じられていた。

日本の林芳正外相は6日、在日米軍基地で新型コロナの感染拡大が相次いでいることを受け、ブリンケン米国務長官と電話で協議し、基地での対策強化を要請。日本政府の声明によると、基地周辺などの住民の不安を緩和させるためより厳しい予防策を求めた。

ブリンケン長官はこれに対し、在日米軍兵士と地域社会の住民の健康と安全は米国にとって非常に重要との認識を表明。感染拡大を阻止するため出来る限りのことをしたいと応じたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]