米、ワクチン接種済みの外国人旅行者を受け入れへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米ロサンゼルス国際空港で働くデルタ航空の従業員=11月8日/Mario Tama/Getty Images

米ロサンゼルス国際空港で働くデルタ航空の従業員=11月8日/Mario Tama/Getty Images

航空各社は、新型コロナウイルスのために休ませていた従業員や機体を復帰させつつある。人員の問題は、従業員に対するワクチン接種義務化によって悪化する可能性もあり、一部の航空会社で運航を複雑にしている。

税関・国境警備局(CBP)と運輸保安庁(TSA)も人員不足となっており、11月下旬の感謝祭の直前という連邦政府職員に義務付けられたワクチン接種期限が迫りつつある。

カナダやメキシコから陸路で米国に入る場合も交通量の多い場所は待機時間が増えそうだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]