スーパームーン月食を上空から鑑賞、カンタス便2.5分で完売 オーストラリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
豪州のカンタス航空がスーパームーンの月食を見る便を運行する/Courtesy Qantas

豪州のカンタス航空がスーパームーンの月食を見る便を運行する/Courtesy Qantas

(CNN) オーストラリアのカンタス航空は5月下旬、スーパームーンの月食を高度4万フィート(約1万2000メートル)の上空から鑑賞する「どこへも行かない空の便」を運航する。

同航空が売り出したチケットは、2.5分という記録的な早さで売り切れた。

運賃はエコノミークラスが499オーストラリアドル(約4万2000円)、ビジネスクラスは1499ドル(約12万7000円)。キャンセル待ちの予約も受け付けを終了した。

同便は天文学者ベネッサ・モス氏の協力を得て「太平洋上空の最適な飛行経路」を設定しており、素晴らしい月が鑑賞できる見通し。モス氏は機内での解説も予定している。

今月26日の月食について、米航空宇宙局(NASA)は「スーパーブラッドムーン月食」と形容する。この日の満月は地球への最短に近い軌道上にあって、普段よりも大きく明るく見える。皆既月食が観測できる場所では赤くかすんで見える見通し。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]