新型コロナの回復者、隔離措置なしで入国可 アイスランド

アイスランドが新型コロナの回復者を隔離措置や検査なしで受け入れる方針を明らかにした/Arterra/Sven-Erik Arndt/Universal Images Group/Getty Images

アイスランドが新型コロナの回復者を隔離措置や検査なしで受け入れる方針を明らかにした/Arterra/Sven-Erik Arndt/Universal Images Group/Getty Images

(CNN) アイスランドは今月10日から、新型コロナウイルスに感染して回復した旅行者について隔離措置や検査なしで入国を受け入れる。

アイスランドの保健当局によれば、新型コロナウイルスに以前感染したことを証明できれば、隔離措置やスクリーニング検査の義務について免除される。

現在の規則では、新型コロナウイルスの危険地域からアイスランドに到着した全ての旅行者は14日間、もしくは、5日間の間隔をあけて2回の検査を行い2度目の検査結果が判明するまで隔離される。国境での検査費用は12月1日から来年1月31日まで、一時的に無料となる。すべての国が現在は危険地域とみなされている。

アイスランド外務省によれば、旅行者は、欧州経済領域(EEA)か欧州自由貿易連合(EFTA)の中にある研究所から文書化された形で以前の感染についての証拠を提出するか、アイスランドの疫学部門のトップからの確認があれば、国境での措置が免除される。

新型コロナに感染し回復したことを示す書面を提出できれば、旅行者は国境での措置を免除される/Halldor Kolbeins/AFP/Getty Images
新型コロナに感染し回復したことを示す書面を提出できれば、旅行者は国境での措置を免除される/Halldor Kolbeins/AFP/Getty Images

アイスランドに対しては2月の感染拡大を受けた対応について称賛の声があがっている。積極的な追跡を行い、6月15日に国境を再開。11月には一部の規制を緩和していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]