売春地区の見学ツアー、来年1月から禁止に アムステルダム

売春地区での見学ツアーが来年から禁止される/Getty Images/Sylvain Sonnet

売春地区での見学ツアーが来年から禁止される/Getty Images/Sylvain Sonnet

(CNN) オランダの首都アムステルダムの地元政府は31日までに、市内中心部にあり観光客に人気の売春地区の見物ツアーを来年1月1日から禁止する施策を発表した。

観光客を引き付ける性産業従事者への心理面などでの悪影響への懸念を理由にしている。禁止条例を提案した市議会議員は声明で、観光客がこれら従事者をのぞき見るのは適切ではないと指摘した。この議員は公共住宅や財政を担当する副市長も務めている。

売春地区では歩行者が増えることへの地元住民の不満も出ていた。これを受け、見物ツアーの参加者の規模を最大20人にし、全てのツアー実施に正式な許可を義務付ける対策も打ち出していた。

ツアー禁止の方針を受け、旅行会社などは来年1月1日までに該当地区での事業縮小を迫られることになる。

一部の旅行会社は市側の今回の対応を評価。人間が芸術作品のように見つめられる環境に置かれる際に生じる事態について対話の広がりを促すなどと主張した。

これらの旅行会社の1社である「イントレピッド・トラベル」は以前に「孤児院ツアー」を禁止した。同社の北米地域責任者は「旅行先の住民は観光客を集める催し物のように決して扱われるべきではない」と強調。「旅行体験は責任ある方法で地元住民との交流であるべきだ」と主張した。

オランダ政府の統計によると、同国を2017年に訪れた旅行者は4200万人となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]