米スターバックスの手話1号店、首都ワシントンに登場

聴覚障害者向けにデザインされたスターバックスの1号店がワシントンにお目見えした/CNN

聴覚障害者向けにデザインされたスターバックスの1号店がワシントンにお目見えした/CNN

ワシントン(CNN) 米首都ワシントンに23日、従業員全員が米国方式の手話(ASL)を得意とするスターバックスの新店舗がオープンした。

初のASL店舗は、世界唯一の聴覚障害者のためのリベラルアーツ大学として知られるギャローデット大学に近い立地を選んで出店した。

店舗前のパラソルには「スターバックス」の文字が英語と手話で描かれており、店内に環境音楽は流れていない。

店内の壁は聴覚障害をもつアーティストのカラフルな作品で彩られ、手話のイラストが入った同店専用のマグカップや、手話で「今週の単語」を解説する黒板もある(今週の単語は「コーヒー」だった)。

客は欲しい商品を指さしたり、タブレットに記入したりして注文できる。双方向コミュニケーションができるタブレットもある。

聴覚障害をもつバリスタのカイリー・ガルシアさんは、「カウンターでお客さんが(手話を)見て立ち尽くすこともある」「普段は相手にすぐ話しかけることに慣れているので、立場が逆になる」と話す。

視覚補助のためにほとんどの椅子やテーブルは高さが低いものをそろえ、照明は明るく、表面は光沢を抑えたつや消し仕上げとなっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]