ロシア革命100年、モスクワでレーニンの遺体と出会う 

レーニンの遺体が一般展示から撤去された場合に遺体をどうするのかについては世論が割れている

レーニンの遺体が一般展示から撤去された場合に遺体をどうするのかについては世論が割れている

レーニンの遺体の運命は長年、政治的な議論の的になってきた。自由民主党の議員やプーチン大統領が所属する与党・統一ロシアはこのほど、埋葬の実現に向けた法案を提出。これは支持が集まらず、廃案となった。

プーチン政権の広報アドバイザーを務めたこともあるアンガス・ロクスバラ氏は、レーニンの運命に関与することに対するプーチン氏の消極的な姿勢が霊廟の保存につながる可能性もあると指摘する。

「プーチン氏はロシア人の大半がこの問題に大して関心がないことを知っている。そのため、レーニンの遺体の撤去をめぐり大規模な抗議行動が発生するか、あるいはレーニンが今の場所に残った場合に多少の不満が生じるかという選択肢に直面した場合、プーチン氏にとっては単に現状を維持することが最も簡単だ」

ロシア人を結束させる目的ではプーチン氏はむしろ、第2次世界大戦のような異論の余地のない国家的勝利に焦点を当てている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]