レーニン像倒される ウクライナで大規模デモ

ウクライナのデモ、オレンジ革命以来の規模に

キエフ(CNN) ウクライナの首都キエフで8日、反政府派が大規模なデモを実施し、中心部の独立広場に建つレーニン像を倒すなどして気勢を上げた。

旧ソ連時代を象徴するレーニン像が倒れると、広場に集まったデモ隊から「よくやった」などの声が上がった。一部の参加者が像をハンマーで破壊し、周囲の地面に破片が飛び散った。脚の部分だけが残った台座に立ち、ウクライナの旗を振る男性の姿もあった。

警察は、だれが像を倒したかを調べていると述べた。国営通信社によると、野党側の議員が自分がやったと主張している。

同国では、親ロシア派のヤヌコビッチ大統領が先月、欧州連合(EU)との関係強化に向けた協定の締結を見送ったことをきっかけに、大統領の退陣を求める激しいデモが発生。2004年のオレンジ革命以来の規模となっている。議会では先週、野党側が内閣不信任決議案を提出したが否決された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]