地下100メートルの北朝鮮――女性写真家が見た「世界で最も謎めいた地下鉄」

ホームに設置されたスタンドで新聞を読む人々

ホームに設置されたスタンドで新聞を読む人々

次に気付いたのは、ホームの至る所に設置されている新聞のスタンドです。スタンドの周りには人々が集まって新聞を読んでいます。

これは私にとって大変興味深い経験でした。香港のような国際都市では広告の多さに圧倒されますが、平壌ではプロパガンダの多さに圧倒されます。

地下鉄の写真を撮っている時に何か制約はありましたか。

大抵、電車内や駅での写真撮影許可は問題なく取れました。ツアーガイドが常に同行しましたが、駅のホームでは自由に歩き回ることができました。

ただ地下鉄に関しては2、3駅ほどの区間しか乗車が許されず、また特定の駅でしか降りられませんでした。

唯一禁止されたのはトンネル内からの写真撮影です。理由は分かりません。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]