1泊24万円で「宇宙ステーション」を疑似体験 スイス

ドイツ人アーティストが手掛けた「宇宙スイート」=COURTESY OF KAMEHA GRAND ZURICH

ドイツ人アーティストが手掛けた「宇宙スイート」=COURTESY OF KAMEHA GRAND ZURICH

(CNN) スイス・チューリッヒのホテルでこのほど、宇宙ステーションの内部を模した客室が公開された。宇宙に行くのをいつも夢見ながら、飛行士になる厳しい訓練には向いてないと感じている人も、地球に居ながらにして宇宙旅行の幻想を味わえるようになりそうだ。

この「宇宙スイート」は、ホテルチェーンを展開するカメハグランド社の依頼で作られたもの。宙に浮いているように見せかけた「無重力」ベッドや、宇宙空間を望むかのような眺めを映し出すスチームバスを備えている。

リドリー・スコット監督の新作映画「オデッセイ」(原題「The Martian<火星の人>」)が米国で先ごろ公開された中、宇宙空間での孤独を味わいたくなった人には絶好の隠れ家になるかもしれない。

客室をデザインしたのはドイツ人アーティストのミヒャエル・ナジャル氏。米ヴァージン・ギャラクティック社の宇宙船で民間宇宙旅行に出かけるため、この3年間、訓練を重ねてきた。これが作品の着想元ともなっている。

もっとも、単にくつろぎたいだけの人は避けた方が良さそうだ。同氏は「心地よい寝室を作り出す意図は全くない。むしろ、宇宙ステーションに住んでいるとホテルの宿泊客に感じさせるような、没入型の環境を生み出すのが狙いだ」と述べる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]