香港のレストラン、皿の上に「禅庭園」を再現

香港のレストラン「テット・ダイニング・ルーム」の定番料理の1つである「禅庭園」は、日本の庭園と茶会からヒントを得た

香港のレストラン「テット・ダイニング・ルーム」の定番料理の1つである「禅庭園」は、日本の庭園と茶会からヒントを得た

香港(CNN) 香港にあるテット・ダイニング・ルーム・アンド・バーは、シェフ、ヴィッキー・ラウ氏(34)が経営する、フランス料理に日本の要素を取り込んだレストランだ。

ここの抹茶のデザートは、まるで本物の禅庭園(日本では枯山水とも呼ばれる)のように盛り付けられ、小さな熊手や砂糖でできた砂利まで付いてくる。細部にもこだわっており、実際の枯山水の模様を描くのに使われる道具も見事に再現されている。

しかし、ラウ氏の料理は単に胃袋と目を満足させるためだけの料理ではない。ラウ氏が目指しているのは、心にも栄養を与える「食べられる風景」の創作だ。

テットのオーナーシェフであるラウ氏は、「お客さまには、『禅庭園』を通じて、食事の後、さまざまなことに思いを巡らせていただきたい」と語る。

ラウ氏は最近、2015年の「ヴーヴ・クリコ アジアの最優秀女性シェフ」に選ばれた。テットも2013年の開店以来、ミシュランガイドで毎年星を獲得している。同ガイドでは、ラウ氏の料理を「フランスと日本の要素の選択的なミックス」と紹介している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]