世界の11の暗殺現場

米ニューヨーク・オードゥボン舞踊場。1965年にマルコムX暗殺=WIKIWHAT/WIKIPEDIA TAKES MANHATTAN提供

米ニューヨーク・オードゥボン舞踊場。1965年にマルコムX暗殺=WIKIWHAT/WIKIPEDIA TAKES MANHATTAN提供

9.米ニューヨーク・オーデュボン舞踊場(マルコムX暗殺、1965年2月21日)

オーデュボン舞踊場は、アッパー・マンハッタンにある施設で、劇場、舞踊場、音楽堂として使用された。マルコムXが創立したアフリカ系アメリカ人統一機構(OAAU)は1964年から65年まで、毎週、同地で会合を開いていた。

マルコムXはその会合の最中に、黒人の民族的優越を説くイスラム運動組織ネーション・オブ・イスラム(NOI)のメンバーに射殺された。マルコムは10年以上もの間、NOIの最も著名なメンバーの1人だったが、暗殺される前年にNOIを脱退していた。

暗殺現場となったオーデュボン舞踊場は、1992年にバイオテクノロジーの研究センターに改装されたが、建物の正面は当時のまま保存されている。また2階はマルコムX・ベティ・シャバズ記念教育センターという教育施設になっており、壁にはマルコムXの生涯を描いた壁画が飾られている。

10.イングランド・カンタベリー大聖堂(トマス・ベケット暗殺、1170年12月29日)

イングランド王ヘンリー2世の治世時代のカンタベリー大司教トマス・ベケットは、イングランドで最も力のある司教のうち3人を破門し、ヘンリー2世を激怒させた。

ヘンリー2世は、かつて親友だったベケットを排除したいとつぶやいたという。王の意をくんだ4人の騎士がベケット殺害のため、カンタベリー大聖堂に向かった。ベケットは騎士たちが向かっていることを知らされたが、「誰であれ、教会への立ち入りを禁ずるべきではない」と述べ、大聖堂の扉を閉ざすことを拒んだ。

ベケットが殺害されたされる北西翼廊内の区画は「マータダム」(殉教の意味)と呼ばれ、ベケット殺害時に剣先が折れた逸話に絡んで「剣先の祭壇」が設置されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]