続々登場、世界の絶叫ジェットコースター10選

バットマン・ザ・ライド。期間限定で、なんと後ろ向きに動くという=米イリノイ州、シックスフラッグス・グレートアメリカ提供

バットマン・ザ・ライド。期間限定で、なんと後ろ向きに動くという=米イリノイ州、シックスフラッグス・グレートアメリカ提供

2.バットマン・ザ・ライド(米イリノイ州:シックスフラッグス・グレートアメリカ)

1992年に誕生したこの吊り下げ式コースターには、これまでに2800万人以上が搭乗し、各地によく似たマシンも出現した。今夏は7月7日までの期間限定で、それがなんと後ろ向きに走る。

園長のハンク・サレミ氏は「10階の高さから後ろ向きに落下するのは最高のスリル。次に何が待ち構えているか、全くわからないのです」と話している。

全長822メートル、最高時速80キロ、高さ32メートル

3.ゲートキーパー(米オハイオ州:シダーポイント)

「ジェットコースターの世界的名所」を名乗るシダーポイントの16番目のマシンとして、5月に完成した。総工費2600万ドル。高さ52メートルの宙返りや高低差50メートルの落下、そして全長も世界トップだ。一番乗りのチケット、定員64人分がオークションにかけられ、最高で1351ドル(約14万円)の値がついた。

全長1269メートル、最高時速108キロ、高さ52メートル

4.ブレス・テイカー(トルコ・イスタンブール:ヴィアランド)

4月23日にオープンしたテーマパーク、ヴィアランドで、「キングコング村」とともに注目を集めるスイス製ジェットコースター。わずか3秒で最高時速110キロに達する。

全長1000メートル、最高時速110キロ、高さ65メートル

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]