カリブ海魅惑の大自然、ベリーズ おすすめ観光スポット5選

グレートブルーホールは巨大な海底陥没穴で、ダイビングスポットとして人気 写真提供=BELIZE TOURISM BOARD

グレートブルーホールは巨大な海底陥没穴で、ダイビングスポットとして人気 写真提供=BELIZE TOURISM BOARD

(CNN) 中央アメリカの中心に位置するベリーズは、熱帯雨林、マヤ遺跡、カリブ海に面したビーチ、西半球最長のバリアリーフなど見所が多く、さらに公用語が英語で、米ドルが広く受け入れられているなど、ゆったり休暇を過ごすには快適な場所だ。

しかし、旅行情報サイト「トラベルズー」の編集長を務めるアンドリュー・ヤング氏は、一度の旅行ですべての観光スポットを回ろうとせず、いくつかに絞るべきとアドバイスする。そんなヤング氏が選ぶ、ベリーズで最初に訪れたい観光スポットを5つご紹介する。

ブルーホール

ブルーホールは、かつて地上に存在した洞窟や鍾乳洞が地殻変動などで海中に水没し、形成された巨大な穴で、ベリーズのブルーホールは海岸から少し離れた場所にある。現在は世界的に有名なダイビングスポットだが、かつては地上の巨大な洞窟だった。そのため、青く澄んだ海の底には、今も鍾乳石や石筍が残っている。

アンバーグリス・キー

アンバーグリス・キーはベリーズ最大の島で、ベリーズ本土から小型飛行機で行く。まさかと思うだろうが、アンバーグリス・キー巡りに最適な乗り物はゴルフカートだ。アンバーグリス・キーには、マングローブの森、海岸のすぐ近くにあるベリーズ・バリアリーフ、多くのワニがいるラグーンなど多くの観光スポットがあり、ゴルフカートなら走りながら、観光スポットに簡単に立ち寄れる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]