マッチングアプリ、ワクチンの接種状況を表示へ 英

マッチングアプリで新型コロナワクチンの予防接種状況を表示する機能を英国で導入する/Aamir Quresh/AFP/Getty Images

マッチングアプリで新型コロナワクチンの予防接種状況を表示する機能を英国で導入する/Aamir Quresh/AFP/Getty Images

ロンドン(CNN Business) 英国で「ティンダー」や「ヒンジ」「バンブル」といったマッチングアプリが新型コロナウイルス感染症に対するワクチンの接種状況を表示する機能を導入することがわかった。ワクチンを接種した利用者には「特典」も提供する。

英政府は若者に対してワクチン接種を促しており、各プラットフォームとも連携している。

調査会社ユーガブの世論調査によれば、成人の約3分の2がワクチン接種をした人とデートをしたい、もしくは、接種をしていない人とはデートをしないと回答したという。

こうしたキャンペーンは先月、米国でも始まっている。

英国のザハウィ・ワクチン担当相は政府とマッチングアプリとの連携について「わくわくしている」と述べた。参加するマッチングアプリの大部分を保有しているマッチ・グループの幹部は、日常に戻るときに重要な部分は、人々が対面でつながる際に安全であると感じるのを手助けすることだと指摘した。

マッチングアプリは新型コロナウイルスの流行が始まって以降、自宅待機を余儀なくされた人々の中で新しい人と出会うサービスが人気を博したことで、活況を呈している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]