イラン、政府サーバーへのサイバー攻撃を阻止と発表

イランが同国政府機関のサーバーを狙ったサイバー攻撃を阻止したと発表/Shutterstock

イランが同国政府機関のサーバーを狙ったサイバー攻撃を阻止したと発表/Shutterstock

(CNN) イラン国営プレスTVは15日、同国政府機関のサーバーを狙った外国からのサイバー攻撃が未然に阻止され、当局が詳細を調べていると報じた。

ジャフロミ通信・情報技術相によると、政府の情報を盗み出そうとする「組織的」で「非常に大規模」な攻撃の試みを、同国の防護システムが検知、阻止した。

ジャフロミ氏は11日にも、同国の「電子インフラ」に対する大規模なサイバー攻撃を阻止したと発表したが、詳細には言及していなかった。

同氏は今年6月、米国が同国のミサイル制御システムへのサイバー攻撃を試みたが失敗に終わったとも発表していた。

米国防当局は当時、サイバー作戦についてはコメントしないとの方針を強調したが、事情を知る当局者らがCNNに語ったところによると、米サイバー軍司令部(USCC)がイランのスパイグループへの報復措置として攻撃を仕掛けたとみられる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]