グーグルプラス、サービス終了を前倒し 新たな脆弱性見つかる

「Google+(グーグルプラス)」のサービスが前倒しで終了となる/Photo Illustration: Getty Images/CNN

「Google+(グーグルプラス)」のサービスが前倒しで終了となる/Photo Illustration: Getty Images/CNN

ニューヨーク(CNN Business) 米グーグルは12日までに、同社のソーシャルネットワーク「Google+(グーグルプラス)」について当初の予定よりも前倒しでサービスを終了させると明らかにした。新たな脆弱(ぜいじゃく)性が見つかったことを受けた措置。

グーグルは10月、欠陥が見つかったことを明らかにしていた。欠陥がみつかったのは3月で、発見後すぐに修正したとしていた。このとき、最大50万人の個人情報が流出した可能性があるとされた。

新たな脆弱性は11月に行ったソフトウエアの更新時の欠陥で、約5250万人に影響がおよんだ。公表していない個人情報についてもアプリの開発業者などがアクセスできるようになっていた。

グーグルは、開発業者が情報を不正に利用した証拠などは見つからなかったとしている。

グーグルは、こうした事態を受けて、サービスを2019年4月に終了すると発表した。これより前には19年8月の閉鎖を予定していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]