CNN EXCLUSIVE

ザッカーバーグ氏、フェイスブック批判の報道に反論 CNN単独インタビュー

ザッカーバーグ氏、会長職は「辞めない」

ニューヨーク(CNN Business) 米フェイスブックのザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)兼会長は20日、米カリフォルニア州メンローパークのフェイスブック本社でCNN Businessとの単独インタビューに応じ、同社に対する批判的な報道に反論した。

ザッカーバーグ氏は「大きな問題をめぐってこれまで言われてきたことの多くは正当な批判だ」と認める一方、「現実的な見方をするなら、より大きな全体像もある。それは、私たちのことを報道する一部の人々と私たちは世界観が違うということだ」と述べた。

同氏はまた、「確かに重大な問題がいくつかある。ないというつもりはない」「ただし一部の報道からは、それだけが全てという印象を受けることもあり得る。それもまた違うと思う」と語った。

フェイスブックはこの1年間、ロシアによる米大統領選への介入問題や英コンサルティング会社ケンブリッジ・アナリティカとの不正な情報共有、大量の個人情報流出などをめぐり、相次ぐ批判にさらされてきた。

さらに米紙ニューヨーク・タイムズが先週、同社はロシアの選挙介入に気付きながら隠ぺいを図り、外部のPR会社を使って競合他社への中傷キャンペーンを仕掛けていたなどとする調査報道記事を掲載した。

大統領選前の15年、候補者時代のトランプ氏がフェイスブック上でイスラム教徒の移民締め出しを主張した投稿をいったん問題視しながらも、共和党からの批判を懸念して削除を見送り、容認していたとも伝えた。

フェイスブック側は記事に抗議したが、同紙は「記者チームが数カ月かけて、フェイスブックの幹部や元幹部、従業員、議員、政府職員、ロビイスト、議会スタッフら50人以上に取材した正確な記事だ」と説明していた。

ザッカーバーグ氏はインタビューで「記事が明らかに正しいとは到底思えない」と反論。「書かれた内容の多くについては、事前に記者たちと話をして、私たちの知る限り事実ではないと伝えてあった。それにもかかわらず掲載することにしたようだ」と不快感を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]