アップル、「iPhone」10周年記念モデルを12日発表か

2017.09.01 Fri posted at 09:35 JST

[PR]

ニューヨーク(CNNMoney) 米アップルが9月12日にカリフォルニア州クパティーノの本社で発表会を開く予定であることが1日までに分かった。毎年9月の発表会ではスマートフォン「iPhone」などの新モデルが披露されるのが恒例になっている。

今年の発表会は初めて、クパティーノの新キャンパスにある宇宙船型の劇場「スティーブ・ジョブズ・シアター」で開かれる。同施設は年内にオープンする見通し。

iPhoneは今年で登場から10周年を迎える。うわさによれば、発表会では10周年記念モデルの「iPhone 8」と、「iPhone 7s」「iPhone 7s Plus」(いずれも通称)の3モデルが披露される。

iPhone 7sのシリーズではこれまでのモデルに新機能が加わる見通し。一方、iPhone 8はデザインが一新される可能性がある。

アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)を写した最近の写真では、ポケットの中に縦長のiPhoneと思われるものが入っていた。これは、iPhone 8の画面サイズが5.8インチになるといううわさとも一致する。ちなみに現行モデルのiPhone 7は4.7インチ、iPhone 7 Plusは5.5インチ。

iPhone 8には豊かな色を表現できる有機ELディスプレイ、無線充電、仮想ホームボタン、顔認識技術も搭載される見通し。価格は最も安いモデルで1200ドル(約13万円)と、iPhone 7の約2倍になるとうわさされている。

発表会では携帯電話回線に接続できる機能を初搭載した腕時計型端末「Apple Watch」や、「Apple TV」の4Kモデルも発表される見通し。

メールマガジン

[PR]