スノーデン元職員の暴露で「深刻な打撃」 NSA長官認める

NSA局長がスノーデン元職員による情報暴露で深刻な打撃があったと発言

NSA局長がスノーデン元職員による情報暴露で深刻な打撃があったと発言

ワシントン(CNN) 米国家安全保障局(NSA)のマイケル・ロジャーズ局長は23日、NSAがテロ計画を監視、阻止する能力について、エドワード・スノーデン米中央情報局(CIA)元職員による情報暴露で深刻な打撃を受けたとの懸念を示した。

米シンクタンクがワシントンで開催したサイバーセキュリティー会議で語った。

スノーデン元職員はNSAによる情報収集活動の実態を暴露し、現在ロシアに滞在している。

「情報が暴露されたことによってNSAに新たな盲点が生じたか」との質問に対し、ロジャーズ局長は「われわれがその前まで持っていた能力を失ったかと問われれば、答えはイエスだ」と返答。結果としてテロリストが監視を逃れている恐れもあることを示唆した。

局長はまた、米映画会社ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント(SPE)がサイバー攻撃を受けた問題を巡り、自身の在任中に米国がサイバー攻撃を受ける事態は覚悟していたものの、「率直に言って映画会社が標的になるとは予測していなかった」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]