英ヘンリー王子とメーガン妃が最後の公務 礼拝に出席

英ヘンリー王子夫妻が最後の公務

ロンドン(CNN) 英国の高位王族の役割から今月末に退くヘンリー王子とメーガン妃が9日、王室メンバーとして最後の公務になる「英連邦の日」の礼拝に出席した。

ロンドン中心部のウェストミンスター寺院で執り行われた毎年恒例の礼拝には、ヘンリー王子の祖母にあたるエリザベス女王をはじめ、父チャールズ皇太子とカミラ夫人、兄ウィリアム王子とキャサリン妃、おじのエドワード王子とソフィー夫人らも出席した。

メーガン妃はケープの付いたエメラルドグリーンのドレスに同色のヘッドピースという服装。夫妻が今年1月に引退の意向を表明してから、エリザベス女王とメーガン妃が同席する場面は初めてだった。

夫妻は女王入場の列には加わらずに着席した。続いてウィリアム王子とキャサリン妃も直接席に着くと、メーガン妃が2人に軽く手を振ったと報じられている。

ヘンリー王子とメーガン妃は31日から移行期間に入り、非営利組織(NPO)設立の準備を進めることになっている。王子は英軍兵士への支援や自然保護、精神衛生など、夫人は女性の権利向上や教育に重点を置いて活動する構えだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]