もっとスリルを――変わる竹馬乗りの世界 中国

河北省の竹馬乗り。地面から1メートルほどの高さに立っている/Natalie Thomas/CNN

河北省の竹馬乗り。地面から1メートルほどの高さに立っている/Natalie Thomas/CNN

河北省の場合、竹馬乗りは地面から1メートルほどの高さを「歩く」。衣装は精霊のもので、大きな頭の幽霊や呪術師、悪の王などが登場する。

写真特集:中国の竹馬乗りの世界

町から町へと旅していき、太鼓や銅鑼(どら)を鳴らして到来を告げる。伝統的な演目では踊ったり、次々に高くなる障害物を飛び越したりするほか、片脚でバランスを取ってもう一方の脚を開く動きもある。

団長のリウ・グオゼンさん(舞台名はホン・ロンさん)から竹馬乗りに支払われる給与は年6万~7万元(約99万~116万円)。巡業に出ていない時は団長の古い農場で共同生活を送っている。

観衆が求めるスリルは増大

竹馬乗りの生活は厳しい。転落や骨折は避けられない。そう語るリウさんは現在37歳で、これまで10年以上にわたり訓練を重ねてきた。

しかし中国の発展に伴い、竹馬乗りは新たな課題にも直面している。観衆の興味をつなぎとめる方法だ。

「以前は村から村へと移動して歩いてみせるだけだった」「今はこの種の演技を好む人は多くない。雑な言い方になるが、少し飽きてしまったのだと思う」(リウさん)

このため雑技団では徐々に新しい動きに取り組んでいる。着想を求めた先はインターネットだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]