絶滅危惧のベンガルトラ、50年以内に最大級の生息地から消滅の恐れ

無線の首輪を装着したベンガルトラが川を歩く様子=スンダルバンスのインド側/DESHAKALYAN CHOWDHURY/AFP/AFP/Getty Images

無線の首輪を装着したベンガルトラが川を歩く様子=スンダルバンスのインド側/DESHAKALYAN CHOWDHURY/AFP/AFP/Getty Images

トラの生存に欠かせない淡水も減りつつあるといいい。「もしこのまま海面の上昇が続けば、ベンガルトラの(生き残る)術はなくなってしまうかもしれない」とムクル氏は話す。密猟によってトラの餌となるシカも激減している。

淡水が減り、餌も少なくなる中で、ベンガルトラが人の住む集落に迷い込んで死者が出るトラブルも続出。2013年の調査では、年間に少なくとも3頭のトラが、人との衝突によって死んでいることが分かった。

バングラデシュ側のスンダルバンス地域でトラと遭遇して死亡する人は、年間平均で20~30人に上る。ただしこの数字には、トラの生息地に許可なく侵入して死亡した人は含まれないことから、実際の人数はもっと多い可能性もある。

地元では人とトラの衝突を防ぐ取り組みも進められており、保護団体代表のアンワルル・イスラム氏によれば、そうした活動が奏功して、人がトラに襲われたり死亡したりした件数は、この5年の間に減少した。

それでもトラの生息地を守るためにはもっとやるべきことがあるとイスラム氏は話し、スンダルバンスが海に沈めばトラたちは行き場を失うと指摘している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]