米俳優キャメロン・ディアス、引退から復帰へ ネトフリ映画に出演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米俳優キャメロン・ディアスさんが8年ぶりとなる新作映画に出演する/Weiss Eubanks/NBCUniversal/Getty Images

米俳優キャメロン・ディアスさんが8年ぶりとなる新作映画に出演する/Weiss Eubanks/NBCUniversal/Getty Images

(CNN) 2018年にハリウッドからの引退を表明した米俳優キャメロン・ディアスさんが、8年ぶりとなる新作映画に出演することが分かった。

米動画配信サービス大手ネットフリックスの新作映画「Back in Action」で俳優ジェイミー・フォックスさんと共演する。2人はディアスさんの引退前最後の長編映画となった2014年の「ANNIE/アニー」に一緒に出演していた。

ディアスさんはインスタグラムでジェレミー・フォックスさんに言及し、「私を復帰させることができたのはあなただけ」「楽しい時間が待ちきれない」とつづった。

フォックスさんもツイッターでディアスさんの復帰を祝い、復帰について2人で話す電話の録音を投稿した。

ディアスさんは電話で「興奮しているけど、どうすればいいかわからない」と吐露。

すると、フォックスさんは米プロフットボールリーグ(NFL)タンパベイ・バッカニアーズのクオーターバック(QB)トム・ブレイディさんを電話に呼び出した。ブレイディさんは今年引退したが、わずか数週間後に引退を撤回している。

電話に加わったブレイディさんは「ジェイミーと話していたら、君が引退撤回のコツを知りたがっていると言われた。私は引退撤回が比較的うまくいったから」と冗談交じりに語った。

近年のディアスさんはハリウッドでの活動は控え目だが、オーガニックワインブランドの立ち上げに忙しい。昨年には、母親になった自分が1日16時間も撮影セットにいることはもう想像できないと語っていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]