バハマで変死の米国人観光客3人、一酸化炭素中毒と断定 警察発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バハマのリゾートホテルで先月死亡した米国人観光客3人の死因を警察が発表した/Dimitrios Kambouris/WireImage/Getty Images/FILE

バハマのリゾートホテルで先月死亡した米国人観光客3人の死因を警察が発表した/Dimitrios Kambouris/WireImage/Getty Images/FILE

(CNN) カリブ海の島国バハマのリゾートホテルで先月死亡した米国人観光客3人の死因は、いずれも一酸化炭素中毒と断定された。バハマ警察が28日の報道発表で明らかにした。

バハマのグレートエグズーマ島にあるホテルで、60代の夫婦1組と、もう1組の夫が遺体で発見された。助かった妻は米フロリダ州の病院へ運ばれた。

遺体に外傷はみられず、クーパー首相代理も犯罪性なしとの見解を示していた。

4人とも前の夜、医療スタッフに体調不良を訴えていた。2組の夫婦はそれぞれ別の棟に宿泊し、食事をした場所も異なっていた。

警察は報道発表の中で、引き続き捜査を進めていると述べた。死因以外の点には言及していない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]