センセーショナルな二刀流のスター、大谷翔平が満票でア・リーグMVPに選出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エンジェルスで投打に活躍した大谷選手がア・リーグのMVPに満場一致で選出された/Steph Chambers/Getty Images

エンジェルスで投打に活躍した大谷選手がア・リーグのMVPに満場一致で選出された/Steph Chambers/Getty Images

(CNN) 野球のセンセーショナルな二刀流スター、大谷翔平選手(27)が18日、アメリカン・リーグの最優秀選手(MVP)に満場一致で選出された。

大谷はロサンゼルス・エンジェルスで投打に活躍する歴史的なシーズンを送り、その偉業は殿堂入りしたベーブ・ルースと比較された。

日本生まれの選手でMVPを獲得したのは、鈴木一朗以来2人目。鈴木はシアトル・マリナーズ時代の2001年にア・リーグMVPに選ばれた。

大谷は先発投手として23試合に登板し9勝2敗、156奪三振の成績だった。

打者としては155試合に出場し、46本塁打、100打点を挙げた。本塁打数はカンザスシティ・ロイヤルズのサルバドール・ペレス、トロント・ブルージェイズのブラディミール・ゲレロの48本に次ぐ本数。盗塁も26個決めた。

1シーズンで45本塁打、25盗塁、5三塁打を達成したのはア・リーグ、ナ・リーグを通じて初。

大谷はア・リーグMVPの獲得で同僚のマイク・トラウトの仲間となった。トラウトは今シーズン、けがが原因で大半の試合を欠場したが、14、16、19年にMVPを獲得している。

トラウトは「チームメートとして君が達成したことを目撃できたのは特別なことだった。君は自分のシーズンを組み立てた」と大谷の偉業をたたえた。

日本の岸田文雄首相は19日、「大変な偉業であり、国民として大変誇らしく思う」と語った。

大谷は大リーグ専門チャンネルのMLBネットワークのインタビューで、チームメートやエンジェルスのファン、監督に感謝を伝えた。また18年にひじのトミー・ジョン手術を行った医師にも謝意を示した。

全米野球記者協会(BBWAA)の記者投票では、30人の記者全員が大谷を1位に選んだ。満票でア・リーグMVPに選ばれたのは11人目となる。ゲレロは記者29人から2位、1人から3位に選ばれ、2位に入った。

BBWAAによると、ナ・リーグではフィラデルフィア・フィリーズの右翼手ブライス・ハーパーがMVPに選ばれた。

ハーパーは記者17人から1位に、9人から2位に選ばれた。2位にはワシントン・ナショナルズのフアン・ソト、3位にはサンディエゴ・パドレスのフェルナンド・タティス・ジュニアが入った。

ハーパーはナショナルズ時代の15年にもMVPに選出されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]