感染レベル最大の「4」にチェコなど追加、日本は「1」に 米CDC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
チェコなどがレベル4の「極めて高い」カテゴリーに入った/Michal Cizek/AFP/Getty Images

チェコなどがレベル4の「極めて高い」カテゴリーに入った/Michal Cizek/AFP/Getty Images

(CNN) 米疾病対策センター(CDC)は15日、世界各地の新型コロナウイルス感染状況を4段階に分けたリストを更新し、レベル4の「極めて高い」カテゴリーにチェコなど4カ国・地域を追加した。日本はリスクが最も小さい「1」に引き下げられた。

リストは毎週更新され、直近28日間に10万人あたりの感染者が500人を超えた国・地域がレベル4、50人未満ならレベル1に分類される。

新たにレベル4となったのはチェコのほかハンガリー、アイスランドと、英領ガーンジー島。欧州全体で感染者が急増するなか、いずれもレベル3から1段階上がった。

レベル3には同日、3カ国・地域が追加された。バハマとパプアニューギニアがレベル4から下がり、南米ボリビアがレベル2から上がった。

レベル2には、これまでレベル3だったモロッコが追加された。

レベル1には新たに日本、インド、パキスタン、ガンビア、モザンビーク、リベリアの計6カ国が加わった。インドは昨春、感染爆発で危機に陥ったが、当時に比べて数字は大きく改善している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]