亡命希望のベラルーシ五輪選手、日本を離れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オーストリア・ウィーン行きの便に搭乗したというクリスチナ・チマノウスカヤ選手/Yuichi Yamazaki/Getty Images

オーストリア・ウィーン行きの便に搭乗したというクリスチナ・チマノウスカヤ選手/Yuichi Yamazaki/Getty Images

(CNN) 東京オリンピック(五輪)の陸上ベラルーシ代表で、逮捕される恐れがあるとして帰国を拒んでいたクリスチナ・チマノウスカヤ選手(24)が4日、オーストリア首都ウィーン行きの航空便に搭乗した姿が確認された。

チマノウスカヤ選手は2日の陸上女子200メートルへの出場を予定していた。しかし、チマノウスカヤ選手がスポーツ当局を批判した後、チマノウスカヤ選手の希望に反してチーム当局者が強制的にチマノウスカヤ選手を帰国させようとした。今回の事案については国際社会で広く報じられた。チマノウスカヤ選手の発言はあからさまに政治がらみではなかったものの、今回の件ではベラルーシ当局者に対してはっきりを意見を述べる人物の安全に対する懸念が浮き彫りになった。

チマノウスカヤ選手は4日午前、荷物とともに成田空港に到着し、オーストリア航空の便に乗り込んだ。

チマノウスカヤ選手はポーランドの首都ワルシャワへ向かうとみられていた。ポーランドは同選手に対して人道目的の査証(ビザ)を発給していた。チマノウスカヤ選手がウィーンからポーランドへ向かうのか、オーストリアに滞在するのか、どこか別の国へ移動するのかは不明。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]