ドーピング論争再燃、米競泳選手が「100%クリーン」か疑念示す ROCは反論

左からライアン・マーフィー(米国)、エフゲニー・リロフ(ROC)、ルーク・グリーンバンク(英国)。競泳男子200メートル背泳ぎの表彰式/Maddie Meyer/Getty Images

左からライアン・マーフィー(米国)、エフゲニー・リロフ(ROC)、ルーク・グリーンバンク(英国)。競泳男子200メートル背泳ぎの表彰式/Maddie Meyer/Getty Images

(CNN) 東京オリンピック(五輪)でドーピング論争が再燃している。30日に行われた競泳男子200メートル背泳ぎの決勝で、米国選手がロシア・オリンピック委員会(ROC)の選手の金メダルについて「100%クリーン」か疑問を呈したのに対し、ROCは反論した。

前回大会で100メートルと200メートルの背泳ぎを制した米国のライアン・マーフィーは今回、100メートルで銅メダル、200メートルで銀メダルに終わった。両種目を制したのはROCのエフゲニー・リロフだった。

マーフィーは200メートル決勝の直後、自身のレースに関してドーピングへの懸念はないかと記者から問われ、「15個の考えがある。そのうち13個は口にしたら問題になるだろう」と述べた。

「これが現実だ。私は気にしないようにしている。自分がおそらくクリーンでないレースで泳いでいると1年中考えるのは、精神的に大きな負担になる。だがそれが現実だ」

国際検査機関(ITA)は30日、東京大会のドーピング対策の一環で選手2000人あまりから3000を超える検体を収集したと説明。これまでのところ「違反が疑われる結果」は出ていないと明らかにした。

ロシアの選手は今大会、ドーピングをめぐる制裁の継続で「ロシア」の国名では参加できず、公式にはROCの選手とされている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]