射撃選手が銅獲得のサンマリノ、史上最小のメダル獲得国に 東京五輪

サンマリノ初のオリンピックメダリストとなったアレッサンドラ・ペリリ(33)/Kevin C. Cox/Getty Images

サンマリノ初のオリンピックメダリストとなったアレッサンドラ・ペリリ(33)/Kevin C. Cox/Getty Images

(CNN) 現在開催されている東京オリンピック(五輪)で29日、イタリアに国土を囲まれた欧州の小さな内陸国サンマリノから、史上初めて五輪メダリストが誕生した。

わずか5人の同国選手団の一人で、射撃競技に出場したアレッサンドラ・ペリリ(33)は、クレー射撃女子トラップで銅メダルを獲得。人口3万4000人のミニ国家の新たな英雄となった。

またペリリの快挙により、歴史的瞬間に沸いた同国は、五輪のメダル獲得国の中で史上最小の国家の地位を得ることになり、同国のファンが集うツイッターのアカウントには、「サンマリノの人々にとって何という日だ」との投稿があった。

ペリリはメダル授与式後、チームと祖国に敬意を表した/Alex Brandon/AP
ペリリはメダル授与式後、チームと祖国に敬意を表した/Alex Brandon/AP

ペリリは2012年、ロンドン五輪の同種目に出場し、全競技および男女を通じて同国史上最高位となる4位となっていた。

ペリリは報道陣に対し、「決勝の最中、5位の射手が敗退した時、もう一度4位にはなりたくない、だから成功させなければと思った」と話した。

また表彰式の後、「今回は私にとって、そして私の国にとって最初のメダルとなった。私たちは小さな国だが、とても誇り高い」「人々は狂喜して叫んでいるのは確か。分からないけど、今そうなっているのは確か」とも語っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]