退団表明のメッシ、新型コロナの検査に現れず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バルセロナ退団を表明しているメッシ。クラブの練習場で行われた新型コロナ検査に姿を現さなかった/MANU FERNANDEZ/AFP/POOL/AFP via Getty Images

バルセロナ退団を表明しているメッシ。クラブの練習場で行われた新型コロナ検査に姿を現さなかった/MANU FERNANDEZ/AFP/POOL/AFP via Getty Images

(CNN) サッカーのリオネル・メッシ選手(33)が30日、所属するスペインのFCバルセロナの練習場で行われた新型コロナウイルスの検査に姿を見せなかったことがわかった。情報筋が明らかにした。メッシ選手は先ごろ、バルセロナに退団する意思を伝えていたが、クラブでの未来がさらに不透明になった。

リーグの規定では、メッシ選手は検査をパスしなければ、プレシーズンの練習に参加できない。情報筋によれば、1軍の選手で検査を受けなかったのはメッシ選手だけだった。

バルセロナは新監督にロナルド・クーマン氏を迎えた。新シーズンは約2週間後に開幕する。

複数の報道によれば、メッシ選手は契約書の中にある項目によって今夏移籍金なしで移籍できると考えていた。しかし、その権利は6月10日に消滅したとされるが、メッシ側は新型コロナウイルスの感染拡大によってシーズンが延長されたことから依然としてその権利は生きていると考えているという。

リーグも声明を出し、メッシ選手の移籍には移籍金が発生するとの見解を発表した。移籍金は7億ユーロ(約880億円)に上るとみられている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]