イタリアのサッカークラブ、6歳少年のデザインをユニホームに採用

イタリアのサッカークラブが6歳少年の考えたデザインをユニホームに採用するという/Pescara Calcio

イタリアのサッカークラブが6歳少年の考えたデザインをユニホームに採用するという/Pescara Calcio

(CNN) イタリアのサッカー2部リーグ、セリエBに所属するペスカーラはこのほど、チームのユニホームを決定するコンペティションで、ファンである6歳の少年が考案したデザインを選んだと発表した。来シーズンのユニホームに採用される見通しだという。

若い世代のファンから公募した中で、見事に採用を勝ち取ったのはルイジ・ダゴスティーノ君がデザインしたユニホーム。青を下地に、クラブのシンボルである白いイルカが波間を泳ぎながらサッカーボールと戯れる姿を描いた。

イルカの背景の空には色鮮やかな虹がかかる。虹の色がちょうど選手の胸元を飾る形になる。

ペスカーラはイタリア中部のアドリア海に面した同名の都市を本拠地とする。

クラブにユニホームを供給するエレアは、来シーズンに向けて上記のデザインのユニホームを製作すると発表。ルイジ君を北部のパルマにある本社に招待し、同社所属のデザイナーや製作チームが出迎える予定だとしている。

今回のコンペティションは当初、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い自宅待機を余儀なくされている子どもたちに楽しんでもらおうと企画された。しかしソーシャルメディアで人気を集めるうちに、本物のユニホームのデザインを決定するプロジェクトへと発展していった。

コンペティションの立ち上げにあたっては「新型コロナウイルスを蹴っ飛ばせ」というスローガンが掲げられていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]