マクロン仏大統領、11歳アーティストの作品に感銘 ナイジェリア

マクロン仏大統領が11歳アーティストの作品に感銘

マクロン仏大統領が11歳アーティストの作品に感銘

ナイジェリア・ラゴス(CNN) 西アフリカのナイジェリアでアーティストとして活躍する11歳の少年が、同国を訪問したフランスのマクロン大統領の前で写真のような肖像画を描く才能を披露して、大統領を驚かせる出来事があった。

マクロン大統領は3日、ナイジェリアのラゴスにあるライブハウスを訪問。11歳のアーティスト、カリーム・ウォリス・オラミレカンさんは、大統領の到着を待つ間のわずか2時間で、マクロン大統領の肖像画を描き上げてみせた。

司会者のナイジェリア人歌手、バンキー・Wさんから肖像画を贈呈されたマクロン大統領は、感銘を受けた様子で少年を抱き寄せた。後にその時の動画をツイッターに投稿し、「とても感動した。この少年に乾杯!」というコメントを添えた。

オラミレカンさんはラゴスの最年少アーティストとして知られ、木炭や鉛筆を使ってまるで写真のような絵画を描くハイパーリアリズムの作品で評判を高めている。

ハイパーリアリズムはナイジェリアでも世界的にも人気が高まりつつある。

マクロン大統領は2日間の日程で同国を訪問し、ラゴスのライブハウスでは文化イベントに出席していた。同イベントでは、オラミレカンさんのほかにもナイジェリアの著名コンテンポラリーアーティストの作品が紹介された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]