フランク・シナトラの遺品オークション 黄金のトイレに46万円

F・シナトラの遺品、黄金のトイレ46万円で落札

(CNN) 往年の米大物歌手、故フランク・シナトラ氏が滞在した専用スイートルームの家具など200点近くがこのほどオークションにかけられ、黄金の便座付きトイレが4250ドル(約46万円)で落札された。

オークションに出品されたのは、ニュージャージー州アトランティックシティーのカジノホテル、ゴールデン・ナゲット内に特別に設けられていたスイートルームの家具や備品、装飾品など197点。

4250ドルで落札した黄金のトイレ/SS Auction, Inc.
4250ドルで落札した黄金のトイレ/SS Auction, Inc.

1980年12月に同ホテルをオープンしたラスベガスのカジノ王、スティーブ・ウィン氏がシナトラ氏のために世界中から高級品を集め、約560平方メートルの客室を飾った。シナトラ氏はその後数年間、同ホテルでショーに出演していた。

この客室にはシナトラ氏が滞在する時以外、だれも宿泊を許されなかったという。

出品されたトイレ2つのうち、黄金を使っていないイタリア産大理石のトイレには1800ドルの値が付いた。

主催したSSオークション社の担当者によると、同じような大理石のトイレは新品なら2万7000ドル前後で売られているという。

オークションではこのほか、シナトラ氏の小型グランドピアノが7000ドル、スイスの時計師フェルディナン・ベルトゥー作の置時計が1万3000ドル、米彫刻家イーニッド・ヤンデル作の噴水が3万3000ドルで売れた。

落札価格100ドルのオットマン1組なども含め、197品目が完売した。

シナトラ氏が亡くなったのは1998年だが、20年以上たった今も多くのファンを魅了し続けているようだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]