「スター・ウォーズ」最新作、光過敏性てんかんの発作引き起こす恐れ

SW最新作、光過敏性てんかん誘発の恐れ 

(CNN) SF映画「スター・ウォーズ」シリーズ新3部作の完結編「スカイウォーカーの夜明け」について、この映画が光過敏性発作やてんかんの症状を引き起こす可能性があるとして、ウォルト・ディズニーが注意を呼びかけた。

ディズニーとてんかん財団の発表によると、この映画には、光過敏性てんかんの症状がある観客に影響を及ぼし得る映像や光点滅のシーンが複数ある。

芸能誌バラエティによると、ディズニーは映画館に対し、このリスクについて観客に注意喚起するよう促しているという。

具体的にどんな効果が使われているのか、どの場面に登場するのかについては明らかにしていない。

てんかん財団によると、一定の強さやパターンで点滅する光は、てんかんの症状をもつ患者の約3%で発作を誘発させることがある。光過敏性てんかんの発作は若い人の方が起こりやすく、年を取るにつれ起こりにくくなるという。

てんかん財団ではこうした症状をもつ人に対し、「スカイウォーカーの夜明け」を見たい場合はまず友人に見てもらい、その後友人と一緒に行って、問題のシーンを事前に教えてもらうよう勧告している。

発作が起きた場合の応急処置についてその友人が知っていれば、なお助けになるとしている。

「インクレディブル・ファミリー」の上映会場で張り出された注意書き/Kristin Supe
「インクレディブル・ファミリー」の上映会場で張り出された注意書き/Kristin Supe

同様の警告は、ディズニーの映画「インクレディブル・ファミリー」でも出されたことがある。この時はツイッターで懸念が伝えられ、映画館が注意喚起を行った。

1997年には日本で放送されたテレビアニメ「ポケットモンスター」の光が点滅するシーンで視聴者の光過敏性発作が誘発され、子どもなど600人以上がけいれんや嘔吐(おうと)などの症状を訴えた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]