米ディズニー、動画配信サービス向けに「ホーム・アローン」をリメイクへ

「ホーム・アローン」がリメイクへ

(CNN) 米ウォルト・ディズニーが、1990年に公開されてヒットを飛ばした映画「ホーム・アローン」について、動画配信サービス向けにリメイクを進めていることが8日までにわかった。ディズニーのアイガー最高経営責任者(CEO)が投資家向けの電話会議で明らかにした。

リメイク作は、同社の新しい動画配信サービス「ディズニー・プラス」で楽しめる。ディズニーはホーム・アローン以外にも、「ナイト ミュージアム」や「12人のパパ」「グレッグのダメ日記」もリメイクするという。

ディズニーは3月、約710億ドル(現在のレートで約7兆5400億円)を投じ、21世紀フォックスの資産の多くを買収していた。これに伴い、人気の映画シリーズも獲得していた。

ディズニーは、ホーム・アローンのリメイクがいつ公開されるのかや誰が出演するのかといった詳細については明らかにしていない。

ディズニーは4月、動画配信サービスのディズニー・プラスについて、11月に北米でサービスを開始すると明らかにしていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]