映画「タイタニック」のあの扉、ジャックも乗れた? ディカプリオの答えは

レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが主演した映画「タイタニック」。あの扉が話題に/Paramount Pictures

レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが主演した映画「タイタニック」。あの扉が話題に/Paramount Pictures

(CNN) 誰もが知っている映画「タイタニック」(1997年)のあの結末。タイタニックは大西洋の凍るような海に沈み、恋人同士のローズ(ケイト・ウィンスレット)とジャック(レオナルド・ディカプリオ)は海上に浮かんだ木製の扉にしがみつく。生き延びたのは、扉の上にはい上がることのできたローズだけだった――。

この結末を変えることはできなかったのか。

扉の上に2人とも乗れたはずではないかという論議は、映画が公開された1997年以来、ずっと続いてきた。米誌タイムは扉を巡る論争について時系列で検証する特集まで組んでいる。

ジャックを演じたディカプリオがこのほど、クエンティン・タランティーノ監督の最新作「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」の宣伝のため出演したMTVニュースの番組の中で、タイタニックの扉問題について質問された。

扉の上にローズと一緒に乗れなかったのかと尋ねられたディカプリオは、腕を組んで笑い声を上げた。

「ワンス・アポン」で共演するブラッド・ピットとマーゴット・ロビーもこの質問を楽しんでいる様子だった。

「これって現代映画で最大の論争だと思う」とロビーが言えば、ピットはディカプリオを問い詰めて質問に答えさせようとする。

対するディカプリオの答えは「ノーコメント」。ロビーに質問をたたみかけられても、「今も言った通り、ノーコメント」だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]