不機嫌そうな猫「グランピー・キャット」死ぬ ネットでミーム流行

不機嫌そうな猫「グランピー・キャット」死ぬ

(CNN) 不機嫌そうな顔がインターネット上で人気を呼んだ猫「グランピー・キャット」が、米アリゾナ州にある飼い主の自宅で死んだ。7歳だった。飼い主が17日、明らかにした。

グランピー・キャットはおそらくネット上で最も人気のある猫で、2012年に初めて写真が投稿されて以来、ミームとして大流行していた。

飼い主のタバサ・バンデセンさんは、ツイッターでグランピー・キャットの死を発表。尿路感染症による合併症を克服できなかったと明らかにした。14日朝、タバサさんの腕の中で安らかに息を引き取ったという。

タバサさんは「グランピー・キャットは世界中の数百万人をつらいときも笑顔にしてきた。彼女の精神はこれからも世界中にいるファンを通じて生き続ける」とつづっている。

グランピー・キャットの本名は「タルダルソース」。飼い主によると、特徴的な顔立ちや体の小ささは小猫症が原因だったとみられる。

ネット上で有名になったのは12年9月だった。タバサさんの兄弟が掲示板サイト「レディット」に写真を投稿したところ、ユーザーが直ちに大量のパロディー写真を投稿する騒ぎとなり、画像共有サイト「Imgur」では写真の閲覧数が最初の48時間で103万回に達した。

その後、テキサス州オースティンで開かれたテクノロジーの祭典「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」にも参加し、人気を不動のものとした。グランピー・キャットをテーマにした芸術プロジェクトや香水、靴、コミック、コーヒーなども登場した。

死んだ時のフォロワー数はツイッターで150万人、インスタグラムで240万人、フェイスブックで850万人に達していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]