英女優ユーニス・ゲイソンさん死去、「007」の初代ボンドガール

歴代ボンドを振り返る

(CNN) 人気のスパイ映画「007」シリーズで初代の「ボンドガール」役を演じた英国女優のユーニス・ゲイソンさんが8日に死去した。同映画シリーズの公式ツイッターで明らかにされた。90歳だった。

ゲイソンさん自身のツイッターでも死去が報告された。死因は伝えられていない。

ゲイソンさんは1962年公開のシリーズ第1作「ドクター・ノオ」と翌年公開の第2作「ロシアより愛をこめて」にボンドガール役の「シルビア・トレンチ」として出演。主人公の英情報機関スパイのジェームズ・ボンドは俳優ショーン・コネリーさんが扮していた。

英BBC放送によると、「ドクター・ノオ」の1場面でコネリーさんのボンドが「ボンド、ジェームズ・ボンド」と名乗る有名な言い方はゲイソンさんのキャラクターが導き出したものともされる。

映画関連データのウェブサイトによると、ゲイソンさんは007シリーズに登場する前は、ホラー映画「フランケンシュタインの復讐」(1958年)などに出演。その後は英国の人気テレビ番組の「セイント」シリーズなどにも出ていた。

007シリーズのプロデューサーを務めるマイケル・ウィルソン、バーバラ・ブロッコリ両氏は声明で「初代ボンドガールの逝去を知り、深い悲しみに襲われている」と悼んだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]