チューバッカ俳優、スター・ウォーズの初期台本を公開

(CNN) 大ヒットSF映画「スター・ウォーズ」シリーズで、登場キャラクター「チューバッカ」を演じている俳優のピーター・メイヒューさんが18日、第1作の初期の台本の画像をツイッターで公開し、話題となっている。

ジョージ・ルーカス監督の当初の構想と完成した映画の間にはさまざまな相違があることは知られている。

台本は1976年のもので、表紙のほか冒頭シーンのページも何枚か公開されている。完成版との大きな違いは主人公ルークの名字がスカイウォーカーではなくスターキラーとなっていることだろう。この台本は既に何度か手直しされているが、ある時点ではルークがもっと年長の将軍だったり、ハン・ソロがトカゲのような宇宙人だったりしたこともあったという。

メイヒューさんは当分の間、毎日古い台本の画像を公開し、「最後の日には大きな発表もある」としている。

「大きな発表」の内容は分からないが、最新作「フォースの覚醒」の動きの激しい場面では、フィンランドのバスケットボール選手がチューバッカを演じていたことが明らかになっている。メイヒューさんは71歳で、歩行に杖を使うことも多いという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]