同時テロに巻き込まれたロックバンド、再びパリで公演

イーグルス・オブ・デス・メタルがパリ公演を行った

イーグルス・オブ・デス・メタルがパリ公演を行った

パリ(CNN) 昨年11月のパリ公演で会場がテロに見舞われた米ロックバンド「イーグルス・オブ・デス・メタル(EODM)」が16日、再びパリに戻ってコンサートを行った。

観客の中には白いバラの花を持つ人や、松葉づえをつく人の姿も。11月13日に起きたパリ同時テロでは、同バンドのコンサート会場だったバタクラン劇場が襲撃され、ファン89人が殺害された。

ボーカルのジェス・ヒューズをはじめ、メンバーが登場すると会場は盛大な歓声に包まれた。最初の楽曲は途中で演奏を止め、黙とうを呼びかけた。

公演が始まる数時間前、ヒューズはCNNのインタビューに応じ、今回のパリ公演は「単なる公演以上の意味がある」と強調。これが自分自身とファンにとっての癒やしになってほしいと語っていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]