メディア王マードック氏、「真の黒人大統領」発言で謝罪

メディア王のルパート・マードック氏

メディア王のルパート・マードック氏

ニューヨーク(CNNMoney) 世界有数のメディアグループを率いるルパート・マードック氏が、短文投稿サイト、ツイッターへの投稿で批判にさらされている。来年の米大統領選を巡り、現職のオバマ米大統領が「真の黒人大統領」ではないかのような発言をしたためだ。

マードック氏が7日に行ったこのツイートは、共和党の大統領候補指名レースで唯一のアフリカ系候補である元神経外科医のベン・カーソン氏の応援を意図したものだった。

ここでマードック氏は「ベン(・カーソン氏)と(妻の)キャンディはすばらしい。人種対立に適切に対処できる真の黒人大統領ということだ」と述べている。

マードック氏の用いた「真の」という表現は多くの人を面食らわせた。オバマ大統領の人種や出自に疑問を呈したと受け取った人もいた。

約11時間後、マードック氏は「謝罪する。悪気はなかった。個人的には2人とも魅力的な人物だと思っている」との謝罪文をツイートした。

オバマ大統領は米史上初の黒人大統領だが、米国民ではないといった根拠のない非難にさらされ続けている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]